なごり雪

「汽車を待つ君の横で僕は~ 時計を気にしてる~」

の”なごり雪”です。


音楽の授業で習いました。

その頃からの心の名曲です。

 

他の学校などでも、よく歌われていました。

主に、卒業式など良く歌われていました。

 

もともと1974年、かぐや姫のアルバム「三階建の詩」に

収録されていた曲でした。

 

しかし、翌1975年、イルカの歌でシングルとして

 

発売され大ヒットしました。

作詞作曲は、元の伊勢正三が作詞・作曲した曲です。

 

“なごり雪”といえばかぐや姫の歌というよりも

イルカの歌という感じがします。

 

イルカの素朴な風貌と歌い方がピッタリとフィットします。

 

 

題名: なごり雪

作詞/ 伊勢正三  作曲/ 伊勢正三

歌/ イルカ

1975年11月5日シングルリリース

 

懐メロから現代の音楽や曲をyoutubeや動画で紹介にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です