6番目のユ・ウ・ウ・ツ

「泣きたい時には いつも

聖母(マドンナ)のほほえみで…ほら~」

の”6番目のユ・ウ・ウ・ツ”です。


この曲における「ユ・ウ・ウ・ツ」とは、

「衣・食・住・金・女」の全てを満たした男が

たどり着く憂鬱のことである。

Wikipediaより

 

哲学のようですね。

すべてを満たして・・・。

 

満たされたい、そんな気持ちになってみたいですね。

 

いい年した人でも、全部を満たすのは

そんなにいないんじゃあないでしょうか?

 

すべてを満たされた人の心情って

どんなモノなのか聞いてみたいですね。

 

第24回日本レコード大賞・金賞曲。

題名: 6番目のユ・ウ・ウ・ツ

作詞/ 三浦徳子 作曲/ 西平彰 編曲/ 白井良明

歌/ 沢田研二

1982年9月10日発売

 

懐メロから現代の音楽や曲をyoutubeや動画で紹介に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です