君をのせて

「風に向かいながら 革の靴をはいて

肩と肩をぶつけながら~」

の”君をのせて”です。


沢田研二の思いとしては、みんなと一緒に

グループサウンズとして活動したかったようです。

 

しかし、所属事務所の渡辺プロダクション側は

ソロシンガーで売り出したかった思惑がありました。

 

そんな本人の気持ちと、事務所との方針との狭間で

葛藤していた時期に”君をのせて”が生まれました。

 

沢田研二の実質的なソロ・デビュー曲です。

 

すばらしい曲なのに、沢田研二本人は”君をのせて”が

あまり好きではないようです。

 

本人の意志とは関係なく作って歌わされたからでしょうか?

 

そうだとすると、とても残念ですね。

 

男同士の友情の歌で、個人的には

とても良い曲だと思っています。

 

題名:  君をのせて

作詞/ 岩谷時子 作曲/ 宮川泰 編曲/ 青木望

歌/ 沢田研二

1971年11月1日発売

 

懐メロから現代の音楽や曲をyoutubeや動画で紹介に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です