サウスポー

「背番号1のすごい奴が相手~」の”サウスポー”です。


この曲がピンクレディーの7枚目のシングルです。

 

この当時はまだ珍しかった

「オリコン初登場1位」を達成した曲でもあります。

 

王貞治が大リーグ記録である

本塁打記録755本を抜き

756号を打って「世界の王」となった。

 

この歌の歌詞には モデルがいる。

 

当時クラウンライター・ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)

に所属していた永射保である。

 

歌詞の内容と言うと「世界の王」をピッチャー目線で見て

「どうやって押さえるか?」という内容でした。

 

作詞家の「阿久悠」が「王貞治」本人にあった際には

「僕の歌をありがとう」とお礼を言われたそうです。

 

題名: サウスポー

作詞/ 阿久悠 作曲/ 都倉俊一 編曲/ 都倉俊一

歌/ ピンクレディー

1978年3月25日発売

懐メロから現代の音楽や曲をyoutubeや動画で紹介に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です