ブルー・シャトウ

「森と泉にかこまれて~」の”ブルー・シャトウ”です。


レコード売上150万枚を記録

同グループ最大のヒット曲になり

第9回日本レコード大賞受賞。

 

第18回NHK紅白歌合戦に出場。

 

1960年代に一斉を風靡した

グループ・サウンズのひとつ

“ジャッキー吉川とブルーコメッツ”が歌っていた歌です。

 

もともとは尾藤イサオのバックバンドとして

活動していました。

 

ある時、尾藤イサオのコンサートに

同グループ一緒に開催地に向かいました。

 

その時に尾藤イサオが

列車から降り損ねてしまい

コンサート開催が不可能になってしまいました。

 

観客に尾藤イサオが来ていないことを説明した所

観客から「何か歌ってくれ」と求められた。

 

その時に井上忠夫が即席で歌ったことから

本格的なブルーコメッツ独自の活動が

始まったとされています。

 

歌詞の単語の語尾に食べ物がつく

替え歌も流行りましたね。

 

森と~  泉に~  かこ~   まれて~

「とんかつ」「にんにく」「こんにゃく」「てんどん」・・・

 

懐かしいですね。

 

題名: ブルー・シャトウ

作詞/ 橋本淳 作曲/ 井上忠夫 編曲/ 森岡賢一郎

歌/ ジャッキー吉川とブルーコメッツ

1967年3月15日発売

 

 懐メロから現代の音楽や曲をyoutubeや動画で紹介に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です