アンダルシアに憧れて(真島昌利バージョン)

「アンダルシアに憧れて~」の”アンダルシアに憧れて”です。


 

個人的には「THE BLUE HEARS」の「真島昌利」

という印象が強くありますね。

 

この”アンダルシアに憧れて”を

トレードマークのバンダナを巻いて

ハスキーボイスで歌い上げていました。

 

バンダナはキース・リチャーズに

影響を受けたものです。

 

「THE BLUE HEARS」時代に

汗止めのために巻き始めたとか。

 

近藤真彦がスローバラード調に歌ってるのに対し

「真島昌利」はメランコリックなロック調で歌っています。

 

それぞれカッコよく歌い上げています。

 

あの「THE BLUE HEARS」や「THE HIGH-LOWS」

さらに「ザ・クロマニヨンズ」のギタリスト。

 

マーシーこと「真島昌利」が

メジャーデビュー前のバンド

「ザ・ブレイカーズ」時代に作った曲です。

 

題名: アンダルシアに憧れて

作詞/ 真島昌利 作曲/ 真島昌利

歌/ 真島昌利

1989年10月21日発売

懐メロから現代の音楽や曲をyoutubeや動画で紹介にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です