いちご白書をもう一度

「いつか~君と行った 映画~がまた来る~」の”いちご白書をもう一度”です。

「バンバン」こと「ばんばひろふみ」は解散を考えていました。

 

最後の曲と思ってユーミンこと「荒井由実」さんに

オファーしたら売れてしまったという逸話があります。

 

70年前後の学生運動を背景とした歌は

色んな世間の鬱憤がたまったような

鬱積した気持ちを代弁していたようでした。

 

反体制とか言ってた人が、社会の歯車になる事に

自虐的になっていたような感じです。

 

若さと社会人になる自分との葛藤を

良い感じで表してくれている曲です。

 

 

題名: いちご白書をもう一度

作詞/ 荒井由実 作曲/ 荒井由実

歌/ バンバン

1975年8月1日シングル発売

 

懐メロから現代の音楽や曲をyoutubeや動画で紹介にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です