学生街の喫茶店(がくせいがいのきっさてん)

「君とよくこの店に来たものさ

訳もなくお茶を飲み 話したよ~」

の”学生街の喫茶店”です。


ガロという名前は、三人の世話役だった人の子供に付けようと

考えていた名前で「我朗」から名付けられたモノです。

 

三人とは、護(マーク),日高富明(トミー),大野真澄(ボーカル) の三人。

 

”学生街の喫茶店”の歌のおかげで、大学生活にものすごく強い

あこがれを抱いていました。

 

日高富明(トミー)が無くなってしまって、当時のメンバーで歌ってくれない事も

切ない歌にした理由の1つかもしてませんね。

 

 

題名: 学生街の喫茶店

作詞/ 山上路夫 作曲/ すぎやまこういち 編曲/ 大野克夫

歌/ ガロ 1972(S.47)年発売

 

懐メロから現代の音楽や曲をyoutubeや動画で紹介にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です