無縁坂(むえんざか)

「母がまだ若い頃 僕の手をひいて

この坂を登る度 いつもため息をついた~」

の”無縁坂”です。


まだこの頃は、さだなさし一人ではなく

グレープとして活動していました。

 

グレープがリリースした最後のシングルになりました。

“精霊流し”などと共にグレープの代表作の一つでです。

 

”無縁坂”を発表した翌年の

1976年の春には、グレープは解散となりました。

 

”無縁坂”はオリコン・チャートではBEST10入りを

果たす事ができませんでした。

 

しかし、みんなに親しまれる、ロングヒット曲となりました。

 

むしろ、オリコン・チャートでBEST10入りしていないのが

不思議なくらいです。

 

題名: 無縁坂(むえんざか)

作詞/ さだまさし 作曲/ さだまさし

歌/ グレープ

1975年11月リリース

 

懐メロから現代の音楽や曲をyoutubeや動画で紹介にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です